【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

https://toreblog0928.com

ガジェット

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

xiaomiは日本時間で2021年12月28日(火)、中国で新型フラッグシップAndroid「Xiaomi 12」を発表しました。

同時に「Xiaomi 12」 の廉価版に当たる「Xiaomi 12X」も発表しています。

今回は発表されたての「Xiaomi 12・Xiaomi 12X」の気になるスペックをまとめてみました。

Xiaomi 12、Xiaomi 12Xのスペック

まずはXiaomi12とXiaomi 12Xのスペックを確認していきましょう。

Xiaomi 12Xiaomi 12X
SoCSnapdragon 8 Gen 1Snapdragon 870
OSMIUI 13MIUI 13
メモリ8 / 12GB
LPDDR5
8 / 12GB
LPDDR5
容量128 / 256GB
UFS3.1
128 / 256GB
UFS3.1
画面ディスプレイ6.28型 (FHD+, 2400×1080) AMOLED
419PPI, 12bit, DCI-P3, HDR10+
ピーク輝度: 1100nit
16000段階の輝度調整
リフレッシュレート: 120Hz
タッチサンプリングレート: 480Hz
DisplayMate A+
Gorilla Glass Victus
6.28型 (FHD+, 2400×1080) AMOLED
419PPI, 12bit, DCI-P3, HDR10+
ピーク輝度:1100nit
リフレッシュレート: 120Hz
タッチサンプリングレート: 480Hz
DisplayMate A+
Gorilla Glass Victus
電池4500mAh4500mAh
充電67W有線急速充電
50Wワイヤレス急速充電
10Wリバース充電
67W有線急速充電
アウトカメラメイン:5000万画素 (IMX766)+OIS
超広角:1300万画素
マクロ:500万画素
メイン:5000万画素 (IMX766)+OIS
超広角:1300万画素
マクロ:500万画素
インカメラ3200万画素3200万画素
大きさ152.7 × 69.9 × 8.16 mm
180g(ガラス)/ 179g(レザー)
152.7 × 69.9 × 8.16 mm
176g
Wi-FiWi-Fi 6Wi-Fi 6
販売価格8+128GB: 3699元(約6.7万円)
8+256GB: 3999元(約7.2万円)
12+256GB: 4399元(約7.9万円)
8+128GB: 3199元(約5.8万円)
8+256GB: 3499元(約6.3万円)
12+256GB: 3799元(約6.8万円)

リフレッシュレート120Hzのヌルヌルディスプレイに、 Snapdragon 8番台ででサクサク動作、高画質カメラ&バッテリー容量もGOOD!

それでいてお値段が67,000円と58,000円!?

日本のスマホメーカーを潰す気ですか、xiaomiさんは!?

Xiaomi 12の特徴

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

Xiaomi 12は新OSのMIUI13をプリインストール。

SoCにSnapdragon 8 Gen 1を搭載しています。

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

また、 2600平方㎜のベーパーチャンバーを採用することで、スマホ本体の放熱性能を高めています。

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

メモリは8GBと12GBでLPDDR5規格に対応。

ストレージは128GB/256GBで、UFS3.1規格に対応しています。

■価格
8GB+128GB:3699元(約6.7万円)
8GB+256GB:3999元(約7.2万円)
12GB+256GB:4399元(約7.9万円)

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

ディスプレイには、6.28インチのAMOLEDを採用し解像度はFHD+(2400×1080)。

リフレッシュレートは最大120Hzでぬるぬるディスプレイ。

また、最大480Hzのタッチサンプリングレートに対応し、ピーク輝度は1100nitsです。

その他にも、16000段階の輝度調整に対応し、画面はGorilla Glass Victusにより頑丈に保護。

xiaomi12は、ディスプレイ評価機関のDisplayMateで「A+」の評価を受けています。

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

アウトカメラはトリプルカメラ仕様。

メイン5000万画素(広角、SONY IMX 766)
超広角1300万画素(画角123°)
マクロ500万画素の3つ

インカメラは3200万画素のカメラを搭載しています。

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

今回の新作発表会でxiaomiが特に強調していたのは、大幅に改善したカメラのソフトウェア。

「シャオミ・イメージブレイン」技術により
✓ 起動速度が21.2%
✓ 撮影速度が53.7%
✓ 連続撮影速度が209%
✓ 夜景の撮影速度が39.9% 向上
あらゆる撮影シーンで、高速な写真撮影が可能になったと言っています。

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

人の目や顔、動物、スポーツなど、動く被写体に強力にフォーカスするxiaomi独自の「サイバーフォーカス」技術採用。

その他にも、ダブルタップすることでフォーカスロック、自動追跡する機能も搭載。

インカメラも同様に改善されており、HDRと夜景に対応した美顔補正機能を備えています。

バッテリーは4,500mAhを搭載。67W有線急速充電・50Wワイヤレス急速充電・10Wリバース充電それぞれに対応。

音響は、ソフトバンクで一躍有名になったHarman Kardonのデュアルスピーカーを搭載していて、向かうとこ敵なしのハイエンドAndroid!

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

選べるカラーバリエーションは、ブラック・ブルー・パープル・レザー(グリーン)の4色。

Xiaomi 12Xの特徴

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】ついに発表!iPhoneキラーとなるか⁉コスパに優れた小型ハイエンドAndroid!

Xiaomi 12の廉価版にあたるXiaomi 12X。

Xiaomi 12と比べると5つの点が異なります

①SoCがSnapdragon 870
②充電は67W有線充電のみ
③カメラは従来同様で高速撮影やサイバーフォーカス非対応
④重量176gでxiaomi 12より少し軽い
⑤カラーはレザーがない3色展開

■xiaomi 12xの価格
8GB+128GB:3199元(約5.8万円)
8GB+256GB:3499元(約6.3万円)
12GB+256GB:3799元(約6.8万円)

xiaomi 12と比較して10,000円程度しか変わらないので、xiaomi 12を選んだ方がコストパフォーマンスが良さそうです。

【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】スペックまとめ

今回は12月28日に発表された、【Xiaomi 12・Xiaomi 12X】のスペックをまとめてみました。

既に中国では予約が開始されており、2022年1月2日より発売が開始されます。

日本向けモデルはまだ発表されていませんが、複数の地域で認証を得ていることから日本で発売されるのも、そう遠くないと思われます。

デュアルSIMは潰されクソアプリモリモリのキャリア提携ではなく、OCNモバイルONEで販売されることを祈ります。

-ガジェット
-