Twitter

【Twitter】定期的に投稿やリプライができる自動化ツール『Bot』

Twitter

こんにちは、アラパパ(@toreblog0928)です。

このブログではTwitterの自動化ツール
『Bot』
について4つのツール紹介と

そもそもBotはアリか否かを独断と偏見で
考えをまとめていきます。

アラパパ
アラパパ

Botってなに…
リプは来るのにいいねはない…
リプ来たから返したのに音沙汰ない…

このような疑問を持った方に向けて
Bot機能を紹介していきます。

この記事では
Twitterを自動化できる4つツール紹介と

Botさんのリプに一喜一憂している方に
参考にしていただけたら幸いです。

Twitterを自動化するメリット

まず定期的にtweetする機能のことを
『Bot』と言います。

チャットボットのボットからとってます。

Botを活用した定期tweetには3つの
メリットがあります。

Bot3つのメリット
  1. 手間がかからない
  2. ユーザに対してアピールしやすい
  3. 集客につながる

手間がかからない

なんと言ってもこれでしょう!

Twitterの投稿本文をあらかじめ決めて
投稿時間の設定をしておくだけで
定期的に投稿ができてしまいます。

都度考える手間や時間の効率化が図れます。

ユーザに対してアピールしやすい

上の画像はTwitterの稼働状況を
表したグラフになります。

平日の6時・12時・18時は
Twitterが最も見られる時間帯です。

あらかじめ設定した投稿をアクティブな時間に
投稿することでユーザへのアピールになります。

またBot機能では決めた言葉が入った投稿に
対して自動返答機能もついているので

アクティブ時間帯のtweetに対してリプを
送ることで、こちらもアピールになります。

集客につながる

Twitterでの集客は自分を認知してもらう
ところから始まります。

定期的な投稿により様々な人の目に触れ
認知してもらうことで集客に繋がります。

Twitterを自動化するデメリット

Twitterを自動化することで3つのメリットが
ありましたが、

自動化することで2つのデメリットも
発生してしまいます。

Bot2つのデメリット
  1. フォロワーさんに嫌われ、
    フォロワーさんが減る可能性がある
  2. アカウント凍結(Bang)

フォロワーさんに嫌われ、フォロワーさんが減る可能性がある

Bot機能のメリットの説明で

”投稿時間の設定をしておくだけで
定期的に投稿ができてしまいます。”

と書きました。

投稿内容や投稿に費やす時間の
手間や労力を効率化できる傍ら

毎日同じような時間帯に同じような投稿が
流れるということは
気が付く人は気が付きます。

アラパパ
アラパパ

いつも同じような投稿…
なんか人間味を感じない…
フォロー解除しよ…

このように感じる人も中にはいるはずです。

えぇ、そうです!!
私はそのひとりです(^^♪

アカウント凍結(Bang)

2つ目のデメリットはアカウントの凍結です。

あまりに強い商業目的の提供投稿に対して
Twitterはアカウントを停止してきます。

一度アカウント停止を喰らうと復活は
ほぼ不可能です。

”あまりに強い商業目的”のルールが曖昧です。
Twitterにそう判断されたら一瞬でBang…

自動化ツールを使ってせっかく集めたお客様も
一瞬にして水の泡になる可能性があります。

Twitterを自動化する4つのツール

ここからはTwitterの投稿を自動化
できるツールを4つ紹介していきます。

自動化ツール4つ
  1. Twitter公式機能『予約投稿機能』
  2. SocialDog
  3. twittbot
  4. AutoTweet

Twitter公式の予約投稿機能

Twitterアプリではなくブラウザのみの
機能にはなりますが予約投稿機能があります。
iPhone・androidもchromeからログイン
することで予約投稿機能が使えます。

①投稿内容を入力する

②☺マーク横のカレンダーを押す

予約画面に切り替わります。

③投稿日時を入力し確認を押す

これで予約設定が完了です。

おはよう戦隊0:00投稿

Twitterをやっていると聞いたことが
あるであろう「おはよう戦隊」

みなさんに同じ挨拶をすることで
フォロワーさんを増やしちゃお!です。

0:00ピッタリの投稿はほぼ予約投稿です。

本人は寝てます。
寝てるのに「おはよう」です。

もう一度言います。

本人は寝てます。
寝てるのに「おはよう」です。

SocialDog

自動化ツールのひとつ目は
SocialDogです。

SocialDogは多機能ツールのため、
キーワード(複数キーワードも可)を含む
tweetのみを抽出する機能や、

自分のフォロワーさんの条件を指定して
割り出せる機能なども備わっています。

さらに情報を分析できる機能も備わっており、
SocialDogを使うことで運用の効率的な運用が図れます。

60万人が使う自動化ツール【SocialDog】

見分け方

投稿を開くと投稿時に使用された
デバイスが表示されます。

SocialDog〇〇→はSocialDogの予約投稿

twittbot

3つ目の自動化ツールは
『twittbot(ツイボット)』です。

Twitter登録時のメールアドレスと
パスワードを入力するだけで利用が可能。

初心者でもすぐに使える自動化ツールです。

twittbotは、曜日や時間の指定はもちろん
設定を細かくすることで、
夜間投稿の有無や投稿間隔の設定も可能です。

またtweetをする際に、
一行を1tweetとして複数まとめて投稿できます。

初心者も使える自動化ツール【twittbot】

見分け方

投稿を開くと投稿時に使用された
デバイスが表示されます。

twittbot.net→はtwittbotの予約投稿

AutoTweet

最後に紹介するのは
『AutoTweet(オートツイート)』

「bot」という自動tweet作成サポートツールで、
自動tweetを24個まで登録が可能です。

登録した投稿内容を指定時間に自動で呟きます。

操作が簡単で機能も自動tweetのみの
シンプルなため誰でも利用を開始できます。

シンプルな自動化ツールAutoTweet

自動化ツールを使うときに気をつけたいポイント

自動化ツールには様々な種類があります。
数ある自動化ツールの中から
最適なツールを選ぶ基準と注意点はなにか?
ポイントをまとめてみました。

  • 自動化ツールの安全性
  • tweetの頻度
  • tweetの内容

自動化ツールの安全性

自動化ツールは外部のクリエイターに
よって作成されています。
Twitter公式ではありません。

外部へのアカウント内部の情報漏洩や
個人情報の漏洩につながるリスクもあります。

AppleStore・Googleplay等に登録されている
アプリを利用することは最低限です。

tweetの頻度

投稿頻度が多すぎると
Twitterユーザの気分を害し、
迷惑アカウントと思われる可能性があります。

フォロワーさんに不快感を与えるだけでなく、
Twitterルールに違反する可能性もあります。

tweetの内容

同内容tweetが多いとスパムアカウントとみなされ、
アカウント凍結になる可能性があります。

過剰な定期ツイートは避け、
ターゲットを狙った時間帯や曜日への
定期ツイートが効果的です。

アラパパ
アラパパ

効果的なのは分かってるけど私は使いませんね…

Twitterの自動化ツール『Bot』はアリかナシか…

ここからは完全に個人的主観です。

アリよりのナシですね。

その理由は

Twitterも人との繋がりだからです。

自分がtweetを投稿する。
そこにリプライを頂くと嬉しいですよね?

頂いたリプライに返事をしても
音沙汰なし・・・
いいねすらしてくれない・・・

相手はロボットだから仕方ありません。

おはよう!って言って
おはよう!!って返したのにその後シカト。

これはちょっとないよね・・・
って個人的に思っているからです。

確かに効率化と集客としてのツールとしては
有効なツールです。

有効なツールではありますが、
その先がありません。

結局最後は人です。
その人を好きになり、その人を信用するから
ファンになり、人が集まります。

アラパパ
アラパパ

私はBotさんリプへはいいねも返信もしませんよ!だって時間の無駄だからです。なにも返ってきませんから。

『bot機能ってなに・・・』

『どんな機能があるの・・・』

『使うべき?使わないべき?』

そんな方にこの記事が少しでも
お役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました