筋トレ 筋トレ知識

筋肥大だけが筋トレではない!筋トレの目的や効果・やり方は人それぞれ

筋トレのやり方と効果筋トレ
ニワトリ
ニワトリ

こんにちわ!

ニワトリです。

この記事の内容

勘違いされがちな「筋トレ」について
解説していきます。

  • 筋トレ=『筋力トレーニング』
  • 日常生活で身体はズレていく
  • 80歳になっても健康的に若々しくありたい
  • 継続できない理由はすぐに効果が出ないから
  • 継続するコツはふたつ
    ①小さな効果を体感する
    ②最初からたくさんやろうとしない
  • 筋トレは健康的な毎日を過ごすための身体作り

いつも当ブログをご覧いただき、
誠にありがとうございます。

今回は勘違いされがちな「筋トレ」について
解説をしていきます。

『今さら筋トレなんて耳タコだよ!!』

という方は別のページを見てください。。。

ニワトリ
ニワトリ

いや~~最後まで読んで💦

というのが本音ではあります。
どうしても書きたかったことなので
書くかどうか悩みましたが

書くことにしました。

脳みその中まで筋肉で構成された
筋肉LOVERSの方々からしたら、

『このオッサン何言ってんだ…!?』
『筋肥大しない筋トレは筋トレじゃない!!』

と言われることも分かってます。

分かってますが書きます。

あなたは「筋トレ」と聞いて
なにを思い浮かべますか?

家のなかでできる自重トレーニングや、

ジムでのウェイトトレーニングを
思い浮かべる方が大半ではないでしょうか。

もちろん正解です!

自重でのトレーニングも
ジムでのウェイトトレーニングも

「筋トレ」です。

次に想像してほしいのが
手術を伴うような大きなけがをしたとき

手術のあと、患者さんはなにをしますか?

そうです。
リハビリをしますよね!

ではここで質問です
「リハビリはなんのためにするものですか?」

お医者さんに勧められたから?

やらないといけないものだから?

どちらも正解です。

でも知っていましたか?
リハビリも筋トレなのです!

「え?どういうこと?」
「リハビリはリハビリでしょ?」

と思われるかもしれませんが、
リハビリの目的は

手術後衰えた筋肉を正常に戻すために
おこなうトレーニングです。

あなたが足の骨を折る大けがをしたとして、
数か月間もの間、折れた足にはギプスが付いてます。

骨がくっつきギプスが取れたとしても、
数か月間もの期間、足を使っていないので

筋肉は衰え、もう一方の足と比べて細くなり、
左右の足で機能差が生じてしまいます。

けがにより出てしまった機能差を取り戻すために
トレーニングをすることで筋肉をもとに戻し、

正常に生活ができるようにするのがリハビリですね!

このように「筋トレ」の範囲は非常に広く
人によって目的も効果も違います。

昨今のフィットネスブームにより、

筋トレ=マッチョなイメージが付きがちで、
筋トレというキーワードに対して

ハードルを高く感じてしまうという方も
多いのではないでしょうか。

先ほどもお話しした通り、
筋トレの範囲は広く目的や効果は人それぞれです。

そんな幅広い筋トレについて
今回は解説をしていきます。

体の調子が悪い・・・

筋トレしたいけどハードル高い・・・

筋トレしても継続ができない・・・

このようなお悩みを持っている方に
少しでもお役に立てたら嬉しいです。

筋トレは『筋力トレーニング』

『筋力トレーニング』の略が筋トレですね!

ウェイトトレーニングも筋トレ。
自重でのトレーニングも筋トレ。

筋トレの範囲は幅広く、
その人にとってのトレーニングは筋トレです。

目的も効果も人それぞれ

ある人はムキムキのマッチョになりたいから、
ウェイトトレーニングをする。

私が始めたときのようにダイエットを目的として
ジョギングや軽いトレーニングをする。

人によって目的は様々です。

筋トレを始めたきっかけはコチラ

このように
目的が違えばトレーニングも変わってきます。

体重や身長、柔軟性や細胞が違うので
同じようなトレーニングをしても

効果は人によって全く変わります。

トレーニングに正解も絶対もありません。

『絶対に効く〇〇トレーニング』というサムネ。。。
絶対とつくものはとにかく怪しいです。

ニワトリ
ニワトリ

この先も”絶対”読んでね!

筋トレのやり方は無限大

目的や効果が人それぞれの筋トレ。

やり方も人それぞれです。

コツやポイントはありますが、
最終的に自分に合うトレーニング方法は

自分で見つけるしかありません。

YouTubeでトレーニング動画を見て、
全く同じようにトレーニングをしても

ニワトリ
ニワトリ

効いてるか分からない…

『全然効かないんだよな~・・・』
こんなことありませんか?

理由は発信者と自分が別人だからです。

発信者にとって効くトレーニングは、
万人に効くトレーニングとは限りません。

そこから自分なりにアレンジして、
自分に効くトレーニングにしてくので

筋トレのやり方は無限大なのです!

日常生活で身体はどんどんズレる

人の身体は日常生活の中で
少しずつズレていきます。

  • 長時間座ったままの姿勢
  • 長時間のパソコン作業
  • スマホを長時間見る
  • など

我々の日常生活の中には、
姿勢悪化の原因となる要素がたくさんあります。

1日中姿勢よくしている。
スマホもパソコンも見ないし触らない!

という人には関係ありませんが、
そんな人いませんよね!

知らず知らずのうちに、
身体のなかではズレが起こっています。

右利き?左利き?それとも両利き?

利き手、利き足がありますよね?

立つときの姿勢をイメージしてください。
どちらかの脚に体重をかけてませんか?

座って足を組むとき、
いつも同じ足を組んでませんか?

利き手、利き足によっても
左右差(ズレ)が生まれてしまいます。

ズレを放置すると痛みが起こる

日常の姿勢悪化からの少しのズレ。

ズレを補うために他の筋肉や関節に負担がかかります。

普段は何気なく生活ができていても、
ちょっとしたきっかけで痛みが発生してしまいます。

例として

  • 長時間のパソコン作業による腱鞘炎
  • 長時間のパソコンやスマホによるストレートネック
  • テレワーク普及により座った姿勢が多くなり
    代謝不全による冷え性
  • など

他にもありますが、

日常生活の姿勢悪化を放置することで
様々な痛みに発展してしまいます。

いくつになっても健康的に若々しくありたい

冒頭でもお話しさせていただきましたが、
いくつになっても健康的で若々しくありたいですよね!

歳をとっても好きな趣味をやりたい!

80歳になっても腰が曲がりたくない!

いくつになっても健康でいたい!

このように思っている方も
多いのではないでしょうか。

私も同じように思っています。

何十年後も健康的に過ごすためには
日常生活で起きるズレや、

ズレから起こる痛みに対してケアを行う
必要があります。

ズレを治すためにやるべきことは、
最初に書いたリハビリと同じですね!

そうです!
機能差を補うためのためのトレーニングです。

ニワトリ
ニワトリ

筋トレのハードルは高くない!

筋トレが続けられないたったひとつの理由

筋トレはハードルが高くなかった!
健康を維持するために必要なんだ!

ということを理解してもらったところで、
「よし!筋トレやるよ!!」

なってきたところかもしれませんが、

筋トレを続けることができない理由を
先に知っておきましょう!

筋トレが継続できないたったひとつの理由は、

『効果を体感するまでに時間が掛かる』
本当にこれだけです。

ニワトリ
ニワトリ

「時間がない…」は言い訳で、
効果が出ないからやり始めより優先順位が下がってるんだよ!

筋トレはすぐに効果が出ない

『筋トレしてマッチョになるぞ!』
と意気込んで筋トレを始めても

効果が出始めるのは早くて3か月後です。

他人に『なんか最近身体つき変わった!?』
と言われるようになるのは半年後くらいからです。

【筋肉は一日にして成らず】
とは有名な言葉です。

効果が出ないからやめてしまう

毎日毎日ジムに通って、
毎日毎日筋トレを頑張っているのに

身体が全然変わらない・・・
誰からも何も言われない・・・

『この努力はなんなんだ・・・』
という謎の自己嫌悪が起きてきます。

そして・・・
筋トレをやめてしまいます。

効果がなかなか出ないよと言われていても
頑張ったことに対しては効果を体感したい。

(1週間も頑張ったんだから・・・)
(1か月も頑張ったんだから・・・)

と分かってはいても結果を急ぎたくなりますよね!

私も同じです。

でも残念ながら結果はすぐに出ないのが筋トレです。
こればかりはどうすることもできません。(残念)

無理なく継続させるふたつのコツ

『結果がすぐに出ないことを認め
辛抱強く続けるしかないの?』

回答は「YES」です。

ですが継続するためのふたつのコツがありますので、
紹介していきます。

小さな効果を体感する

継続できない理由は効果が出ないから
でしたよね。
それならば、
小さなことでも効果を体感すればいいのです!

相談者
相談者

最近背中が痛いのだが、
どうしたらいい?

あなたは背中に痛みを抱えています。

チョットした時に背中が痛む。

どうしたらいいのか分からない…
でも痛むのは嫌だしストレスだ…

ニワトリ
ニワトリ

背中ですか…
腹筋とハムストリングスの筋力と柔軟性が低下しているかもしれませんね!簡単にできる筋トレ(エクササイズ)を1個ずつやりましょう!

するとどうでしょう。
いままで痛かった背中が段々と痛くなくなってくる。

痛みが出ないということは本当に幸せです。

やったことに対して効果を体感すると
(最近運動不足だからウォーキングもしようかな)

もう少し頑張ってみようかな!
という気持ちが生まれます。

身体の痛みや違和感の大半は
筋力や柔軟性不足から発生しています。

少しの筋トレ(エクササイズ)で解消したら
どうでしょうか?

痛みや違和感のストレスから解放されたら
継続できない理由がなくなりますよね!

最初からたくさんやろうとしない

「筋トレをやろう!」と決めた人が
やりがちなミスです。

最初からいろんなことをやろうとします。
予定は未定でスケジュールも日々変わります。

(今日はジムに行ってあれとこれを
やる予定なのに、ジムに行けそうにない…)

こんな日が続くと・・・

決めたことができない自分に対して
自己嫌悪感が生まれてしまいます。

ニワトリ
ニワトリ

自分なんて・・・

(なんでできないんだ・・・)
(せっかく決めたこともできないなんて・・・)

最初のうちはできなくなることも考え、
最低限のタスクで開始することが失敗しないコツです。

少し足りないかな?
と感じるくらいで大丈夫です!

足りないなと感じたら、
次の日に少しだけ増やせば良いのです。

私は最初にモリモリにスケジュール決めすぎて
仕事が忙しくなって行けなくなり一度挫折しました。

今日はスクワット10回!
明日はスクワット11回!!

このような感じで大丈夫です(^^♪

筋トレは健康的な毎日を過ごすための身体作りとセルフケア

筋トレはガチムキマッチョになるための
トレーニングだけではありません!

健康的な毎日を過ごすための
身体作りセルフケアが筋トレです。

筋トレに対してハードルを上げなくて
大丈夫です!

簡単なセルフケアとエクササイズはコチラ

まとめ

「筋トレ」について解説させていただきました。

  • 筋トレの目的や効果は人それぞれ
  • 筋トレのやり方は無限大
  • 日常生活から生まれるズレと
    ズレから起こる痛みや違和感
  • 筋トレをやめてしまう理由
  • 筋トレを続けるコツ
  • いつまでも健康的に若々しい
    身体作りが筋トレ

筋トレと聞くと、
マッチョな男たちが重たい重りを持って

ガシガシやっているイメージが強いです。

筋トレはそれだけではありません。

身体の痛みや違和感の原因である
筋力や柔軟性の低下。

原因の改善には筋力と柔軟性の向上が必要です。
すなわち筋トレが必要なのです!

最近身体の調子が良くない・・・

筋トレしたいけど
なにをしたらいいのかわからない・・・

筋トレを続けられるか心配・・・

こらから始めてみようかなという方は、

まずは絶対にできることから
始めるといいです。

腕立て伏せを10回やる!とか、
腹筋を10回やる!で十分です!

そして2日目は11回となり3日目は12回。
1か月続いたら40回になってますよね!

「初日は10回だったのに、
もう40回もできるようになった!!」

十分すぎるほどの効果ですよね!

自重トレーニングで物足りなくなったら
負荷を上げていけばいいのです。

最初から無理にやらなくて大丈夫です。

日々の成長は小さいことかもしれませんが
継続することで大きな結果となります。

長々と書いてしまいましたが、
最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

2日に1回の
確実更新をしていきますので、

今後ともどうぞ
よろしくお願いします。

ニワトリでした。

ニワトリ
ニワトリ

Twitterやってます。

ニワトリの自己紹介はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました