レビュー

【ベンチプレス100㎏への近道!】スリングショットで肩を痛めず正しいフォームを身に付ける

レビュー

こんにちは
ニワトリです

『ベンチプレスが強くなりたい・・・』

『ベンチプレスで100㎏挙げたい・・・』

『ベンチプレスの正しい
 フォームを身に付けたい・・・』

このような悩みを解決します!!

この記事の内容
  • スリングショットは
    ベンチプレス用のサポーター
  • スリングショット3つの効果
    ①肩のけが予防
    ②適切なフォームの習得
    ③過負荷の原理で強くなる
  • スリングショットの種類と選び方
  • スリングショット使用レビュー

今回はベンチプレスや腕立て伏せの際に
使用できるマニアックなアイテム

「スリングショット」について
紹介していきます。

スリングショットはベンチプレス専用のサポーター

世界トップレベルのパワーリフターであった
マーク・ベルは、

長年に亘る激しいトレーニングにより
幾度もけがを繰り返した経験から、

怪我と痛みを抱えながらも正しいテクニックで
トレーニングできるよう開発されたのが

ベンチプレス専用のサポーターの
「スリングショット」です。

スリングショットの使用方法

使い方
  • スリングショットに両腕を通す
  • ベンチプレスをやる
  • 以上!!!

Reactive Slingshot

スリングショットは女性にもおすすめ

スリングショットは力の弱い女性にも
おすすめです。

腕立て伏せができない・・・
ベンチプレスやりたくてもできない・・・

このような女性トレーニーには最適です!

スリングショットで得られる3つの効果

3つの効果
  1. 肩のけが予防
  2. 適切なフォームの習得
  3. 過負荷の原理で強くなる

3つの効果について詳しく
解説していきます!

スリングショットは肩のけがを予防できる

ベンチプレスで最も多いけがが肩です。

その理由は脇が開いてしまい、
肩に負担が掛かってしまうためです。

スリングショットの出番!

スリングショットを付けることで
ゴムの弾性により脇が開かなくなります。

脇が強制的に閉じられるので
肩に負担が掛からなくなり
肩のけがを予防することができます!

スリングショットを使うと適切なフォームを習得できる

スリングショットを使用することで
ベンチプレスの適切なフォームを習得できます。

理由

スリングショットを使うことで
自然と脇が閉じたフォームになります。

脇が閉じることで
人の自然な腕の動きに近くなるため

腕力で挙げるベンチプレスではなく
全身を連動したベンチプレスのフォームへの
習得が可能となります!

自力以上の負荷を与えることでベンチプレスが強くなる

トレーニングには過負荷の原理
というものがあります。

過負荷の原理とはその名の通り
成長させるためには
負荷を上げていく必要があります。

自力以上の重量が持てる

スリングショットを使うことで自力では
扱えない重さのベンチプレスができます!

スリングショットの種類とサイズにもよりますが
5~10%ほどMAX重量が増えます。

普段100㎏を1回しかできない人は
スリングショットを使うことで

3回くらいは挙がるようになります。

普段持てない重量を持つことで
過負荷の原理に当てはまり

重量・筋力の向上が見込めます!

スリングショットの種類と選び方

https://www.mbcpower.jp/

最初に取り入れるならリアクティブオリジナル
を選ぶと良いです。

マットドッグは使ったことないですが
フルボアは本当に硬いです。

ビヨンと跳ね返されますが、
そこそこの重さがないと効果を得られません。

現状打破で取り入れるのであれば
リアクティブかオリジナルです!!

スリングショットを実際に使った感想

デメリット
メリット
  • 値段が少し高いけど長い期間使うことを考えると…
  • フォーム修正に役立つ
  • 神経系のトレーニングに役立つ
  • MAX更新時のトレーニングに役立つ
  • 肩が痛くてもベンチができる

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

今回はベンチプレス用のサポーター
超マニアックなスリングショットについて
紹介させていただきました。

『ベンチプレスの停滞を打破したい!』

『適切なフォームを習得したい!』

『肩をけがしたくない!』

このようなお悩みを抱えている方は
検討してみてはいかがでしょうか!!

最後までお付き合いいただき
誠にありがとうございました。

ニワトリでした。

ニワトリ
ニワトリ

Twitterやってます。

ニワトリの自己紹介はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました