文章を書く(考える)のが苦手でも分かりやすい文章が書けるようになる「SDS法」

読みやすい文章

文章を書く(考える)のが苦手でも分かりやすい文章が書けるようになる「SDS法」

文章を書く(考える)のが苦手…
人への説明がうまくできない…

このような悩みを解決していきます。

この記事の内容

  • 伝わりやすい文章構成「SDS法」
  • SDS法のメリットとデメリット
  • SDS法の例文

kindle本の原稿やブログだけでなく、日常生活やビジネスシーンでも活躍する文章作成術。

いろいろな場面で使える「SDS法」について、分かりやすくまとめていきます。

分かりやすく伝わりやすい文章構成

文章を書く(考える)のが苦手でも分かりやすい文章が書けるようになる「SDS法」

SDS法の構成

  • Summary(要点)
    最初に全体概要を伝える
  • Details(詳細)
    次に具体的な説明を書く(話す)
  • Summary(要点)
    最後に全体のまとめとして、要点を伝える

それぞれの頭文字をとって「SDS法」と呼びます。

SDS法が分かりやすい・伝わりやすい理由は、最初に全体の概要を伝えるからです。

人の集中力は、時間が経てば経つほど下がり、途中で伝えたことは記憶に残りにくくなってしまいます。

最初に要点(または最も伝えたいコト)を伝え、最後にまとめとして要点を伝えることで読む人(聞く人)の記憶に残りやすくなります。

SDS法活用シーン

  • 自己紹介
  • プレゼン資料
  • ブログやnote・Kindle本の文章
  • ツイート文
  • and more……

さまざまな場面で活用できるのが「SDS法」

SDS法のメリットとデメリット

さまざまな場面で活用できるメリットが多そうなSDS法ですが、デメリットもあります。

SDS法のメリット

文章を書く(考える)のが苦手でも分かりやすい文章が書けるようになる「SDS法」

簡単に書ける

型に沿った順番で構成するだけなので、文章を書く(考える)のが苦手な人でも、戸惑うことなく作れます!

短時間で伝わる

短い文章でも簡潔明瞭シンプルに書かれていると、短時間で伝わります。

短い時間で多くの情報が伝わるのがベスト!

読みやすく、分かりやすい

最初と最後に要点がくるため、読みやすく理解しやすい文章になります。

SDS法のデメリット

文章を書く(考える)のが苦手でも分かりやすい文章が書けるようになる「SDS法」

要点 → 詳細説明 → 要点の順で構成されるSDS法は、どうしても書く人の意志や気持ちが薄く、推しが弱くなってしまう場合があります。

また、順番に沿って型にハメるだけなので、機械的で素っ気ない文章になってしまう可能性もあります。

何度も書いて練習して、自分なりの書き方や話し方を見つけるしかありません。

SDS法を活用した例文

例文を2つ紹介します。

例文①

Summary(要点)
この記事では、分かりやすい文章構成「SDS法」について説明します。

Details(詳細)
SDS法とは、要点 → 詳細 → 要点の順で構成した型です。
冒頭で全体概要(または要点)を説明し、次に内容詳細、最後にもう一度要点のまとめを伝えます。
最初に要点を伝えることで「なにについて話すのか」を理解した状態で読めるため、伝えたいことが伝わりやすくなります。
最後にまとめた「要点」が「復習」となり、読む人の記憶に残りやすくなります。

Summary(要点)
SDS法を活用して文章を書くと、文章を書く(考える)のが苦手な人でも分かりやすく伝わりやすい文章を書けるようになります。

例文②

Summary(要点)
お腹空いた…

Details(詳細)
もう、2日間もまともな食事を摂ってない…

Summary(要点)
お腹が減り過ぎて倒れそう…

文章を書くとき話すときに、SDS法を意識するだけでも練習になりますので、日頃から意識してみてください。

分かりやすい文章「SDS法」【まとめ】

文章を書く(考える)のが苦手でも分かりやすい文章が書けるようになる「SDS法」

分かりやすく伝わりやすい文章構成「SDS法」について、まとめてみました。

SDS法は要点 詳細 要点構成する文章

  • Summary = 全体の概要や結論
  • Details = 詳細
  • Summary = まとめ

ブログやnote・KindleやTwitterなど、短時間で伝えたいことをかきたい場面に最適!

文章を書かなくても、身近なあるモノを紹介する文章を脳内で考えて作るだけでも練習になります。

最終的には練習しないと書けないので、失敗を恐れずに、どんどん練習してみてください!

よく読まれている記事

-読みやすい文章