説得力が高く分かりやすい文章が書ける「PREP法」|書き方・メリットとデメリットを説明

読みやすい文章

説得力が高く分かりやすい文章が書ける「PREP法」|書き方・メリットとデメリットを説明

文章を書くのが苦手で…
イマイチ人に伝わらない…

このような悩みを解決していきます。

この記事の内容

  • PREP(プレップ)法とは
  • PREP法が活躍するシーン
  • PREP法のメリットとデメリット
  • SDS法との使い分け

の、4本でお届けいたします。

PREP(プレップ)法とは

説得力が高く分かりやすい文章が書ける「PREP法」|書き方・メリットとデメリットを説明

PREP法とは「結論 → 理由 → 具体例 → 再結論」で伝える文章のフレームワーク(型)。

  • 文章に書き慣れてない
  • ヒトへの説明に慣れてない

と、どうしても前置きが長くなり、不要な言葉を書いたり言ったりしてしまいがち。

結果的に…
「この人、チョットナニイッテルカワカンナイ…」状態に。

PREP法を用いることで、だれでも論理的かつ説得力が高い文章を書けます。

注意点

フレームワークを活用することで文章が書きやすくなりますが、練習せずに伝わる文章が書けるようになる「魔法の型」ではありません。

型を活用しつつ練習し、自分なりの「書き方」「伝え方」を身につけてもらえたらと思います。

PREP法が活躍するシーン

説得力が高く分かりやすい文章が書ける「PREP法」|書き方・メリットとデメリットを説明

のちほどのメリットでも説明しますが、PREP法を活用すると…

  • 説得力が高まる
  • 要点が掴みやすい
  • 短い文章でも伝わりやすい
  • 分かりやすい

「説明がわかりづらい…」と言われる人の悩みを解決してくれる文章構成です。

そのため、ビジネスシーンからweb向けの文章にいたるまで、幅広い範囲で活躍します。

ポイント

コピーライティングや文章の書き方教材を見漁るよりも、PREP法を理解し練習しまくった方が効果的です!

PREP法のメリットとデメリット

説得力が高く分かりやすい文章が書ける「PREP法」|書き方・メリットとデメリットを説明

PREP法は、文章を書く上で「基本の型」と言われるほど知られていて、幅広く活用・応用されています。

たくさんの場面で活用されている理由は、以下のメリットがあるからです。

PREP法のメリット4つ

メリット

  • 説得力が高まる
  • 伝えたいことが短時間で伝わる
  • 文章作成が楽になる
  • 文章力が身につく

説得力が高まる

PREP法は「結論→理由→具体例→結論」の順で構成されているため、読む人・聞く人はひとつずつ納得しながら話しの内容を理解できます。

また、最初と最後で「結論」を伝えるので、伝えたいことが印象に残りやすくなります。

結論→理由→具体例→結論の順番に伝えることで、流れと根拠が明確になり説得力が高まります。

伝えたいことが短時間で伝わる

読む人・聞く人に伝えたいことが明確になり、短い時間で内容が伝わりやすくなります。

結論から伝えることで、読む人・聞く人に「結局…なにが言いたいのか分からない…」「チョットナニイッテルカワカンナイ…」と思われにくくなります。

PREP法を活用すると、伝えたいことが短時間で伝わりやすくなります。

文章作成が楽になる

PREP法を使うと、文章構成や伝え方に悩まず文章を作成できます。

結論→理由→具体例→結論に当てはめるだけなので、文章作成が苦手だと感じている人にも作成しやすくなります。

PREP法に慣れると、論理的かつ説得力が高い文章を楽に書けるようになります。

文章力が身につく

PREP法を覚え、説得力が高い文章が書けるようになってくる=文章力が身につきます。

PREP法で書こう(伝えよう)と意識するだけでも、思考の整理に役立ちます。

伝えたいことを整理して文章を書けるスキルが身につくので、結果的に読む人・聞く人にとって分かりやすい文章を書けるようになります。

PREP法のデメリット2つ

PREP法はメリットだけでなくデメリットもあります。

あなたが書く文章が、PREP法に向いているかどうか確認していきましょう。

デメリット

  • ストーリーを語るような内容には不向き
  • 長文には不向き

ストーリーを語るような内容には不向き

PREP法は「結論」から述べるため、物語のように最後にオチがくるような文章には向きません。

最初に結論を言い切ってしまうと、そこで終了してしまうので、最後まで読んで理解できるような内容の文章には不向きです。

長文には不向き

PREP法は長文には向いていません。

なぜなら最初に結論を伝えるために、最初に結論が分かる文章構成だからです。

長文は各章の文章が長くなるため、PREP法を使うと話の流れが分かりにくくなります。

SDS法との使い分け

説得力が高く分かりやすい文章が書ける「PREP法」|書き方・メリットとデメリットを説明

似たような文章構成に「SDS法」があります。

  • PREP法:結論重視型
  • SDS法:詳細(内容)重視型

PREP法とSDS法では重視する部分が違うため、伝える相手や状況に応じて使い分ける必要があります。

  • 短時間で結論を伝えたいビジネスシーンやweb向けの文章
    PREP法
  • 内容をしっかりと伝えたい日常シーン
    SDS法

慣れないうちは、上記のような感じで使い分けてもいいかもしれませんね!

PREP法【まとめ】

だれでも論理的かつ説得力が高い文章を書ける「PREP法」について、まとめてみました。

内容をまとめると…

  • PREP法とは「結論 → 理由 → 具体例 → 再結論」で伝える文章の型
  • ビジネスシーンやweb向けの文章に向いている文章の型
  • メリットは4つ
    ①説得力が高まる
    ②伝えたいことが短時間で伝わる
    ③文章作成が楽になる
    ④文章力が身につく
  • デメリットは2つ
    ①物語には向かない
    ②長文には向かない
  • SDS法との使い分け
    ・結論を重視したい場合はPREP法
    ・内容を重視したい場合はSDS法

PREP法は文章作成が苦手な人にとって、とても使いやすい文章の型です。

とはいえ…文章を書くことが苦手な人は、PREP法の型に当てはめるだけでも大変…

繰り返し練習をして、伝わる文章を書いていきましょう♪

よく読まれている記事

-読みやすい文章