買って良かったもの 雑記

【雑記】くせ毛を抑える方法とおすすめシャンプーとヘアマスク

買って良かったもの

こんにちは、アラパパ(@toreblog0928)です。

このブログではくせ毛対策について
紹介していきます。

『くせ毛で髪の毛が爆発・・・』
『くせ毛で髪の毛まとまらない・・・』
『コシがなくてハリがない・・・』

くせ毛な私が抱える髪の毛の悩み。

くせ毛に効果があるシャンプーやトリートメントを
試してきましたがイマイチ効果出ず・・・

そんな酷い天パの私の髪の毛を抑えてくれる
方法について紹介をしていきます。

・くせ毛で髪がまとまらない・・・
・髪の毛にコシやハリがない・・・
・縮毛矯正まではしたくない
・・・

そんなくせ毛で悩む天パ族の方に向けて
参考になれば幸いです。

くせ毛に効果があったシャンプーとヘアマスク

くせ毛について調べ、対策を行ったので
記事自体が長くなってしまいました。

自分のくせ毛に効果があった
シャンプーとヘアマスクを先に紹介します。
(というかコレが結論です!)

シャンプーとヘアマスク

くせ毛(天パ)の種類は5つ

そもそも自分がくせ毛なのにくせ毛の性質を
知らないことを知りました。

まずはくせ毛の種類を理解していきます。

5つのくせ毛
  • 波状毛
  • 捻転毛
  • 縮毛
  • 連珠毛
  • 加齢によるくせ毛

波状毛

日本人に最も多いくせ毛の種類。
直毛と言い切れない少しだけ波打つくせ毛。

まずここで波状毛が当てはまる。。。

捻転毛

天パと称される代表的な髪の毛の種類。
放置プレーでくるくるのボンバーヘッド。

次にここで捻転毛も当てはまる。。。

縮毛

黒人に多い縮れた髪の毛。
日本人は少ないですね。

縮毛は当てはまらずセーフ!

連珠毛

これも縮毛同様に日本人では希少価値の
毛の太さが均一ではない髪の毛。

連珠毛も当てはまらずセーフ!!

加齢によるくせ毛

加齢によるコシやハリが失われたり、
ダメージが蓄積した髪の毛。

ダメージに関しては後程紹介しますが
当たっているような気が・・・

乾燥とダメージがくせ毛の原因

知り合いの美容師に聞いたところによると
髪の毛がうねったり爆発する原因は
『乾燥』『ダメージ』

感想とダメージにより髪の毛の
キューティクルが失われる。(とのこと)
失われたキューティクルに湿気(水分)が
入り込み髪の毛がうねる。(らしい)

乾燥する過程で髪の毛が縮んで固まる

乾燥により髪の毛のキューティクルが失われ
ダメージが与えられた状態になった髪の毛。

乾いていく過程で失われたキューティクルの
部分に水分(湿気)が入り込み

結果的に髪の毛が縮み固まる。

髪の毛がうねったり爆発するのはそのせい。

くせ毛にはシャンプーと洗い方がとても大事

くせ毛は生まれつきだったこともあり
シャンプーの仕方なんて考えてことも
ありませんでした。

くせ毛は治らなくてもシャンプーの仕方と
ケアをすることで爆発やうねりは
最低限に抑えられる!(とのこと)

洗いすぎは髪の毛にとって良くない

シャンプー=『洗う』だったので
目から鱗でした。

髪の毛の洗いすぎは髪に良くないのです。

髪の毛の栄養成分だけでなく
頭皮に必要な栄養素も流しすぎてしまうため

結果的に乾燥やフケの原因にも。

シャンプーは1日1回で十分とのこと!
(朝と夜2回洗ってたので洗いすぎだった模様)

髪の毛を痛めない正しいシャンプーの方法

洗いすぎは良くないと言っても
洗浄不足も髪の毛にとって良くないのです。

正しいシャンプーの方法を指導してもらったのが
以下の流れです。

  1. 頭皮の皮脂汚れを浮き上がらせる
  2. 頭皮を温めて汚れを落とす
  3. 1回だけシャンプーをする
    (ごしごし洗わない)
  4. 流さずに放置しシャンプーの
    補修・保湿成分を浸透させる

    (1~2分程度)
  5. お湯でシャンプーを残さず流す

お風呂入ってすぐに頭を洗うのはNG!

湯船につかって頭皮を温めながら
皮脂汚れを浮かび上がらせるのがポイント。

おすすめなのが頭皮マッサージ

アミノ酸配合のシャンプーを選ぶ

アミノ酸入りのシャンプーは
洗浄力が弱く髪の毛にダメージを与えない。

髪の毛を痛めつけないから
乾燥とダメージを与えにくいとされている。

シリコン配合シャンプーを選ぶ

髪の毛の表面のツヤとなるキューティクルを
コーティングしてくれるのがシリコンシャンプー。

キューティクルをコーティングすることで
髪の毛に水分が入りずらくなりくせ毛を抑える効果。

対するのがノンシリコンシャンプー。

補修・保湿成分配合シャンプーを選ぶ

市販品の安いシャンプーにはほとんど含まれてない
補修・保湿成分配合のシャンプーを選ぶ。

ヘアサロン専用品にしか含まれてないことも多く
サロン専用品はお値段がグッと上がってしまう。。。

シャンプー後におすすめのヘアマスク

くせ毛対策として売り出されている
ヘアマスクが多々ある中で

今のところ最も効果を感じているのは
「TSUBAKIプレミアムヘアマスク」

サロン専用品のヘアマスクは高いのに
効果がなかったのも多いのですが

TSUBAKIプレミアムヘアマスクは
自分の髪には最適解。

放置することなくすぐ洗い流せるのと
値段も高くないので非常におすすめ!

(放置すると髪がペタンコになる・・・)

濡れたまま放置は厳禁!ドライヤーで保湿成分を閉じ込める

髪の毛がうねる原因は乾燥とダメージ。

乾燥する過程で縮まりうねり固まる。

キューティクル成分を髪の毛に
閉じ込めるためドライヤーで乾かします。

ゴワゴワ乾かさず柔らかく
かつ早めに乾かします。

ドライヤーは何でも良いと思うのですが
Panasonicのイオンドライヤーはおすすめ。
髪の毛がしっとりする気がします。
(・・・気がします)

出かけるさいにおすすめのヘアオイル

家から出ないならそのままで十分なのですが
出かける際におすすめなのがヘアオイル。

ホホバオイルはどうしてもベタつき
自身の髪の毛には合いませんでした。

そんな中で見つけたのが「N.(エヌドット)」

べたつかずウエットを保ち
少しパーマをかけたような感じになります。
(パーマはかけてないけど天パ)

どんなに頑張ってもくせ毛に湿度は天敵、濡れたらそこで試合終了・・・

くせ毛の天敵は雨と湿気です。。。

どれほど頑張ってヘアケアをしても
雨が降ったり湿度の高い日は歯が立ちません。

「試合終了です・・・」(残念)

まとめ「くせ毛との戦いに終わりは来ない」

今回はくせ毛に関する
対応方法を紹介してきました。

くせ毛が治る方法ではありませんが

『髪の毛がうねる・・・』
『髪の毛が爆発する・・・』
『コシやハリがなくなってきた・・・』

私と同じようなくせ毛の悩みを抱えた方に
この記事が参考になれば幸いです。

くせ毛との戦いはまだまだ続く・・・

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました