【kindle出版豆知識】wordで原稿を作る人は

HOW TO Kindle出版

【kindle出版豆知識】wordで原稿を作る人は"自動インデント"に注意

インデントって…?
wordじゃダメなの…?

Kindle本出版豆知識として、ちょっとしたハウトゥーをご紹介していきます。

知っておくと「読みやすい原稿」を作れるので、知っておいて損はない豆知識。

この記事の内容

  • インデントとは
  • インデント処理したい場合は2段落目から
  • KDPに登録できる原稿は「.docx」と「.EPUB」
  • .docxの場合、自動的にインデントが挿入される

インデントとは

【kindle出版豆知識】wordで原稿を作る人は"自動インデント"に注意

段落の一文字目を空ける「字下げ」「インデント」です。

小学校の作文では、段落の一文字目を空けると教わるため、過去の記憶で書くとインデントを多用した文になります。

小学校で「段落の一文字目を空ける」と教えるのに、日本人は「揃っている」モノを好みます。

インデントが多くてガタガタの文章は、単純に美しくないので読みにくい印象を与えます。

段落のまとまりを表現したいのであれば、段落と段落のスペースを空けましょう。

インデントがなくなりガタガタ文が改善し、美しく読みやすい文章になります。

インデント処理したい場合は2段落目から

【kindle出版豆知識】wordで原稿を作る人は"自動インデント"に注意

「どうしてもインデント処理したい!」人は、2段落目からインデント処理しましょう。

見出しや小見出しがあれば、その下の文章は「段落」として認識できるので、インデント処理する必要はありません。

雑誌もこのように処理されています。

KDPに登録できる原稿は「.docx」と「.EPUB」

【kindle出版豆知識】wordで原稿を作る人は"自動インデント"に注意

KDPに原稿をアップロードして本を出版します。

アップロードできる原稿ファイルは「.docx」「.EPUB」です。

Microsoft wordで原稿を作る人の場合「.docx」のままアップロードする人が多いかもしれません。

「.docx」でKDPに原稿をアップロードすると、Amazonの余計なひと手間が加えられ、とても見にくい文章になってしまいます…

自動的にインデントが挿入される

「.docx」でKDPに原稿をアップロードすると、すべての段落にインデントが挿入されます…

【kindle出版豆知識】wordで原稿を作る人は"自動インデント"に注意

一方で、EPUBでアップロードした場合にはインデントは挿入されません。

【kindle出版豆知識】wordで原稿を作る人は"自動インデント"に注意

上の画像はサンプルで文章が少ないので、あまり違和感を覚えませんが…

Kindle本の原稿ともなると、すべてのページでガタガタになってしまい「読みにくい」印象を与えてしまいます。

wordからEPUBに変換するツールはあるが…

【kindle出版豆知識】wordで原稿を作る人は"自動インデント"に注意

wordからEPUBに変換するフリーソフト、あまりお勧めできません。

なぜなら、上の画像を見ればわかる通り、段落と段落が詰められてしまいます。

インデントを消したくて変換したのに、さらに読みにくくなってしまうのです…

EPUBに変換するなら

kindle本豆知識「Wordは自動インデントに注意」【まとめ】

【kindle出版豆知識】wordで原稿を作る人は"自動インデント"に注意

kindle出版豆知識として、インデントについてまとめてきました。

小学校では一字下げろと教えるのに、揃ってないと見栄えが悪く読みにくい…

なんとも矛盾した話ではありますが、kindle本は小学生の作文ではないので、揃えた方が無難です。

Microsoft wordで原稿を作ってアップロードしている人は、注意してください。

よく読まれている記事

-HOW TO Kindle出版