図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】

図解

図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】

図解のレイアウトを教えてほしい…
見やすい図解を作りたい…

こんなお悩みを解決していきます。

この記事の内容

  • 見やすい図解のレイアウト

視線の流れを意識する

図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】

人の視線の流れを意識すると、見やすいレイアウトになります。

  • 【Z型】横書き
  • 【N型】縦描き
  • 【F型】Webページやスマホ画面

【Z型】横書き

図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】
図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】

2分割、3分割の場合は、左から右に配置します。

【N型】縦描き

図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】
図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】

一列に並べる際は、上から下に並べます。

【F型】Webページやスマホ画面

図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】

ほぼ、横書きと同じような視線の移動です。

左上から右、左上から下に向かって視線は移動します。

時間の流れは左から右

図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】
図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】

時間によって変化するモノゴトを表す際は、左から右に並べます。

矢印が書いてあっても、右から左に向かって並べると違和感を覚えてしまいます。
(進化ではなく退化しているようにも見えます…)

図解を作るときのポイント【まとめ】

図解を作るときのポイント【視線の流れを意識しよう】

図解作りのポイントとして、視線の流れに合わせたレイアウトについてまとめてきました。

言われれば「あぁ…」とは思うのですが、作り始めの頃は「作る」が先行してしまい違和感に気が付けないことも…

視線の流れを意識するだけで、見やすくなりますよ!

よく読まれている記事

-図解