https://toreblog0928.com

ガジェット レビュー

Holy Stone HS210レビュー【Amazonで一番売れてる子供でも簡単に遊べるミニドローン】

「はたしてまともに飛ぶのだろうか・・・!?」と思ってしまうほどの価格設定。

そして、Amazonのミニドローン・トイドローンのカテゴリでは常に1位

それがHoly Stone HS210です。

Holy Stone HS210はドローンとして
まともに飛ぶのかい?
全然飛ばないのかい?
ど~っちなんだい!?

ということで、今回はAmazonで常に1位のミニドローン、『Holy Stone HS210』のレビューをしていきます。

先に結論を言ってしまいますと、
「子どもが室内で遊ぶトイドローンにはピッタリだけど、大人には物足りない」

子ども用のおもちゃとして、はじめてのドローンにはおすすめの一台。
その理由を詳しく解説していきます。

Holy Stone HS210の3つのよいところ

Holy Stone HS210の3つのよいところ

いきなりですが、Holy Stone HS210の3つの良いところを紹介します。

  1. コンパクトボディで室内遊にピッタリ
  2. 飛行が安定していて子供にも簡単に使える
  3. バッテリーが3つ付いている

子どもに『ドローンが欲しい!』と頼まれるパパやママにとって、バッテリーの追加購入はできれば避けたいこと。

Holy Stone HS210は、追加バッテリーを購入する必要がなく、届いたその日からすぐに遊ぶことができます。

格安ドローンなのに中身はしっかり

格安のドローンですが、さすがはHoly Stoneといった感じの作りです。

Holy Stoneとは
Holy Stoneは2014年に創設され、同年に日本の電子商取引市場に進出しました。Holy Stoneはドローンの研究開発と生産に終始し、消費者に安価で高品質なトイドローンを提供することに注力しています。
数年の発展を経て、Holy Stoneのドローンは世界の電子商取引市場でドローン入門機の一番のブランドになりました。Holy Stoneのドローンは2018年に日本での販売量が10万台を突破し、売上高は7.5億円、2019年には10億円を突破する見込みです。
私たちは製品の品質が最も重要であると常に考えています。製品の品質管理に関しては、生産体制と品質管理を密に連携し、主要な部品サプライヤーと高品質な組立工場との長期的な協力体制を築いています。製品に関しては、日本の設計チーム、米国構造工学研究チーム、そして深圳構造工学研究チームを備えています。
皆様に高品質で手ごろな価格の製品をお届けすることを目指しています。 Holy Stoneのドローンで、あなたの夢をかなえましょう!

シンプルで弱すぎない外装箱

Holy Stone HS210レビュー

まずAmazonさんのいつもの箱を開けると、いきなりHoly Stone HS210の外装箱が出てきます。

外装箱は薄すぎず部厚すぎず、飾りすぎずシンプルすぎずといった感じです。

専用のキャリングケース

Holy Stone HS210レビュー

外装箱を開けると、Holy Stoneのロゴ入りの専用キャリングケース。

男の子って、こういうキャリングケース好きですよね!

Holy Stone HS210レビュー

キャリングケースを開けると、
・ドローン本体
・リモコン
・充電器
・バッテリー×3
・説明書
・換えのプロペラ×4
・プロペラ外し
・リモコン用のドライバー
これら一式がキレイに収納されています。

単4電池が3つ必要

これは残念ポイントなのですが、リモコンには「単4電池3本必要です」がAmazonのページには書かれてません。

手のひらサイズのカワイイミニドローン

Holy Stone HS210レビュー

大人の手のひらに乗せたサイズ感はこんな感じです。

重量は21gしかないため、非常に軽くドローンを持っている感じはまったくしません。

また、プロペラの左右にはプロペラガードが付いているので、プロペラむき出しのドローンと比べたら危険性は少なく、子どもでも比較的安全に遊ぶことができます。

プロペラは力をいれるとフニャっとする樹脂素材です。

ちょっとやそっとのことでは、折れそうな感じはしません。

Holy Stone HS210レビュー

裏面はこのような感じになっていて、とてもチープです。

右側の白い部分がバッテリーを繋ぐコネクターで、中央の黒い部分にバッテリーを挟み込みます。

一昔前のテレビゲームのようなリモコン

Holy Stone HS210レビュー

ドローンを操縦するリモコンの大きさはこんな感じです。

ドローンよりはるかに大きいですね(笑)

・リモコンの下に電源ON/OFFスイッチ
・左のレバーで上下と左右回転
・右のレバーで前後左右
・左のスイッチで離陸/着陸
操作自体は離陸スイッチを押して、2つのレバーをメインで使用します。

Holy Stone HS210レビュー

大人の手では少し小さく感じるリモコンですが、持ちづらい・操作しづらいといった感じはしませんでした。

Xboxのリモコンを思い出したのはわたしだけでしょうか?(笑)

Holy Stone HS210レビュー

リモコンを動かすには「単4電池3本」が必要です。

ドライバーも付属しているので、電池さえあればすぐに動かすことができます。
(でも、どこにも電池別売りとは書いてない)

バッテリーはUSBで充電

Holy Stone HS210レビュー

これがバッテリーを充電するための充電器です。

Holy Stone HS210レビュー

上のフタを外すと出てくるUSB端子をパソコンなどに刺して充電します。

Holy Stone HS210レビュー

Holy Stone HS210のバッテリーを充電器に接続するとこんな感じです。

非常にダサいですね・・・。

コネクターがとても小さいので、乱雑に扱うと壊してしまいそうで怖いです。

簡単操作で室内遊びにびったりなミニドローン

子ども用のおもちゃに、室内用のドローンに、はじめての一台目のドローンに。

そんな人にピッタリなのが、Holy Stone HS210です。

誰でも届いたその日から簡単に飛ばすことができて、動きもしっかりしているので子どもから大人まで楽しむことができます。

Holy Stone HS210の残念なポイント

価格が安くて操作しやすいHoly Stone HS210ですが、3つの残念ポイントがあります。

  • スマホで操作ができない
    ※スマホアプリと連携していないため、スマホ操作したい場合はひとつ上のグレードのHS210PRO
    (本当はPRO版が欲しかったけど売り切れてました…)
  • リモコンのバッテリーが別売りで、販売ページに書いてない
  • 電池もちが悪い
    3つのバッテリーフル充電でも、約20分程度しか遊べない

まとめ

今回は、 Amazonで一番売れてるトイドローン・ミニドローンの『Holy Stone HS210』を紹介させていただきました。

・子どもがドローンを欲しがっている
・室内で遊べるドローンが欲しい
・安かろう悪かろうのドローンは買いたくない

このような方に、少しでも参考になればなによりです。

-ガジェット, レビュー
-