デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカS ミルク泡立て:手動 ブラック ECAM22112B

https://toreblog0928.com

家電

デロンギ(DeLonghi) の全自動コーヒーメーカーが凄そう!【欲しい】

『OK Google!美味しいコーヒーをいれて!!』と言っても動いてくれるコーヒーメーカーは我が家にあるはずもなく、自分でお湯を沸かしコーヒーをいれています。

コーヒー好きのわたしとしては、家で美味しいコーヒーを手軽に飲みたい。ということでコーヒーメーカーを買います!

今回【デロンギ(DeLonghi)全自動コーヒーメーカーマグニフィカS】というコーヒーメーカーを迷うことなく選びました。そんなデロンギの全自動コーヒーメーカーがどんな商品なのか、なにがすごいのかということを含めて紹介していきます。

コーヒーメーカーを買おうか悩んでる人や、デロンギの全自動コーヒーメーカーを検討している人の参考になればなによりです。

■この記事を読むと分かること
・マグニフィカSはデロンギの全自動コーヒーマシンのなかでもエントリークラス
・エントリークラスなのに60,000円!?
・いつでも挽き立てで美味しいコーヒーが飲める新方式を採用
・「カフェ・ジャポーネ」機能搭載
・掃除や片付けが簡単のメンテナンス性の良さ

これまでのコーヒーメーカー

デロンギの全自動コーヒーメーカーを紹介させていただく前に、これまで使っていたコーヒーメーカーを紹介させていただくとともに、買い換えに至った理由について少しだけお話しさせてください。

シロカ 全自動コーヒーメーカー

挽き立てのコーヒーが飲みたいのですが自分で豆は挽きたくない。ということで選んで使っていたのは【シロカ全自動コーヒーメーカーSC-A211】です。

本音で書きますが、シロカのコーヒーメーカーはハズレでした。(あくまでも個人的感想です)

<良くなかった点>
・豆を惹いてる音がとにかくうるさい
→朝早い時間に使えないから意味がない!
・一杯のコーヒーを作るのに数分かかる
→自分で作った方がはやい!
・洗いにくくて洗う作業自体が手間
→自分で入れた方がゴミ捨てるだけで楽!

『味は美味しい』
・多少うるさくても平気
・洗うの面倒くさくても我慢できる
・安くて豆から挽ける全自動コーヒーメーカーが欲しい
このような人にはおすすめですが、わたしのような面倒くさがりな人には合いませんでした。

ネスプレッソカプセル型コーヒーマシン

手軽に美味しいコーヒーを飲みたかったので次に買ったのが、【ネスプレッソカプセル式コーヒーメーカー】。
専用のカプセルをいれてボタンを押すだけの簡単仕様。

使い始めた頃はカプセル式の便利さと、洗う手間の少なさに感動して毎日使ってましたが、いつしか使わなくなりました。

2つの全自動コーヒーメーカーを使ってはきたものの結局使わなくなり、買い替えを決意!

<良くなかった点>
・カプセル式は味がイマイチ
・カプセルコーヒーはコスパが良くない
→一杯あたり98円くらいなので、コンビニで100円コーヒー飲むのと変わらない
→コンビニコーヒー辞めたのに節約できないというオチに・・・
・デザインがダサい
→好みの問題ですが、ネスプレッソのデザインは嫌いです

『とにかく楽!』
・コンビニに行ってまでコーヒー買いたくない
・いろんな味を楽しみたい
・手軽にコーヒー飲みたいしメンテナンスも簡単が良い
このような人にはネスプレッソの全自動コーヒーメーカーはおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカS

マグニフィカS 直営店限定エントリーモデル

デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカSは、デロンギの全自動コーヒーメーカーの中でもエントリークラスです。

グレードは全部で5つあり、コーヒー抽出機能が違うので用途に合ったコーヒーメーカーを選ぶ必要があります。

全自動コーヒーメーカーのグレード
(上からグレードが良くて高くなります)
・プリマドンナ(28・19万円)
・エレッタ(22万円)
・ディナミカ(16・11万円)
・オーテンティカ(13万円)
・マグニフィカS(14・10・9・6万円)
各グレードの中でも更にグレードが分れており、わたしが選んだマグニフィカSはデロンギ全自動コーヒーメーカーの中でも最下位クラスです

エントリークラスなのに60,000円!?

デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカS

・挽き立ての美味しいコーヒーが飲みたい
・メンテナンスが簡単
この2つに絞ったので【デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカS】の最下位クラスを選んだのですが、そのお値段なんと59,800円!!!(デロンギ、どうかしてるぜ…)

コーヒーメーカーに60,000円と聞くと高く感じるかもしれませんが、毎日100円のコンビニコーヒーを飲むことを考えると2年以内には元が取れる計算になります。(豆代は除く)

自宅でいつでもおいしいコーヒーが飲めることもそうですが、一杯のコーヒーを自分で入れる手間や時間を考えるともっと早く元が取れる計算です。(というか、そう考えないと買うのを決意できない金額…)

デロンギ公式HPでは、コーヒーメーカーとカプセル式・コンビニコーヒーとの試算が簡単にできます。

コーヒー試算

いつでも挽き立てで美味しい「コーン式グライダー」

比較表
デロンギ公式HPより

デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカSは、コーヒーを美味しく抽出するための工夫が施されています。そのひとつに『コーン式グライダー』機能を採用していることです。

他メーカーと比較して、低回転でじっくり丁寧にコーヒー豆を挽くことでコーヒー本来の旨みや香りを損なうことなくコーヒーの抽出をします。

面倒くさい設定や準備が不要で、水と豆をセットするだけでいつでもおいしい挽き立てのコーヒーが飲めるのがデロンギのコーヒーメーカーなのです。

どうせ飲むなら、まずいコーヒーを我慢して飲むより、美味しいコーヒーを飲みたいですからね!

「カフェ・ジャポーネ」機能搭載

レギュラーコーヒーメニュー比較表
デロンギ公式HPより

「カフェ・ジャポーネ」
聞き慣れない言葉ですよね。

カフェ・ジャポーネとは
エスプレッソの旨味とドリップのすっきりした後味を融合した日本限定の特別なレギュラーコーヒー機能。
芳醇な香りと旨味を味わえます。

コーヒーをハンドドリップのように蒸らしながら間欠抽出を行うことで、芳醇な香りと旨味を凝縮。すっきりとした「深蒸しレギュラーコーヒー」が楽しめるのも、 デロンギ(DeLonghi) 全自動コーヒーメーカー マグニフィカSの凄いところ!

掃除や片付けが簡単のメンテナンス性の良さ

デロンギの「全自動」は豆挽きから抽出までではなく、カスの排出から洗浄も全自動!ここまでできるコーヒーメーカーはデロンギにしかなく、ホンモノのパーフェクト全自動コーヒーメーカーです。
たまったカスはまとめて処分すればよいので楽々。デロンギを選んだ理由は、メンテナンスの良さが一番かもしれません。

まとめ

デロンギ(DeLonghi)全自動コーヒーメーカーマグニフィカS】 を紹介させていただきました。
早く到着しないかな♪と楽しみに待っています。

■この記事の内容
・マグニフィカSはデロンギの全自動コーヒーマシンのなかでもエントリークラス
・エントリークラスなのに60,000円!?
・いつでも挽き立てで美味しいコーヒーが飲める新方式を採用
・「カフェ・ジャポーネ」機能搭載
・掃除や片付けが簡単のメンテナンス性の良さ

コーヒーメーカーを買おうか悩んでる
デロンギのコーヒーメーカーを検討している
そのような方に、少しでも参考になればとても嬉しいです。

次は商品が到着したら開封編ですね(^^♪

-家電
-