アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

ブログ

「もうダサいって言わせない…」アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

頑張って作ったのに…
なんか…ダサい…

ブログやnoteのアイキャッチデザインを作ったのに、なんとなくダサい…

今回の記事では、アイキャッチデザインがダサくなる理由と改善するコツを紹介していきます。

この記事の内容

  • ダサいデザイン
  • ダサくなる7つの理由と改善するコツ

アイキャッチデザインの良し悪しで、クリック率が大きく変わってきます。

ひとりでも多くの人に見て・読んでもらいたいブロガーやnoterにとって、アイキャッチデザインは超重要!

自分、センスないので…
デザイナーじゃないし…

と、思う人もいるかもしれませんが…

「どうせならダサくないデザインにして、ブログのアクセスを伸ばしたい!」

大丈夫!!

見栄え良く作れなくても、ダサくなる理由を知り改善すれば、少なからずダサくなることはありません。

この記事を見て、ダサくなる理由と改善を知れば…

脱!ダサいデザイン!!

ひとつずつ具体的な例を出しながら、分かりやすく解説していきます。

なんかダサいアイキャッチデザイン

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

ブログやCanvaの無料版を使い始めた人に多い上記のようなアイキャッチデザイン。

いやいや…
さすがにこれはないっしょ!

と、思ってしまうかもしれません。

悲しいかな…知識共有プラットフォーム「ブレイン」のアイキャッチデザインは、ほぼすべてが上記のようなデザインです。

Brain
(⇧リンクを貼るので気になる人は見てください)

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

上のデザイン、なんでダサく見えるのか分かりますか?

あえてダサくなる要素を取り入れているという理由はさておき、上記のデザインにはダサくなる理由が7つあります。

ダサくなる7つの理由

  • 余白がない
  • 情報が多すぎ
  • 装飾しすぎ
  • フォントの種類多すぎ
  • 使う色が悪い
  • 文字の配置バランスが悪い
  • 写真が意味をなしてない

7つの理由を解説しながら、上のダサいデザインで改善をしていき、どれくらい変わるのかを見ていきましょう!

余白

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

ダサいデザイン改善ポイント:1

「余白がないのはダサい

デザインの質は余白で大きく変わります。

余白がないデザインは質が悪く、稚拙に見えてしまいます。

先ほどのデザイン、テキストや配置はまったく変えずに余白だけを与えてみます。

まだまだ実が悪いですが、1枚目より「マシ」になりました。

ポイント

すこしでも窮屈さやキツさを感じたら、周りにスペースを与えましょう。

  • 吹き出し
  • 文字間
  • 文字枠と文字の隙間
  • CTAボタンなど

情報過多

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

ダサいデザイン改善ポイント:2

「情報量が多いのはダサい

書きたいコトがたくさんあっても、情報が多くなればなるほど見られなくなります。

情報はとことん削りましょう!

ポイント

なくても意味が伝わる情報(文字・イラスト)はとことん削る

装飾過多

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

ダサいデザイン改善ポイント:3

「装飾しすぎはダサい」

知識共有プラットフォーム「Brain」のアイキャッチデザインがダサく見えるのは、「装飾過多」です。

装飾はさりげなく使うからこそ見栄えがよくなります。

すべての文字や要素に使ってしまうと、逆に見栄えが悪くなってしまいます。

ポイント

本当に目立たせたい場所にだけ装飾を「さりげなく」使う

フォント

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

ダサいデザイン改善ポイント:4

「フォントの使い過ぎはダサい」

よかれと思っていろんなフォントを使うと、逆効果です。

使うフォントは2種類で十分です。

  • ゴシック体
  • 明朝体

ポイント

ゴシック体と明朝体だけでも、イメージがガラリと変わります

アイキャッチの画像に合ったフォントを選びましょう

  • ゴシック体 → 力強さやインパクトを出したいとき
  • 明朝体 → 柔らかさや文章を読ませたいとき

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

ダサいデザイン改善ポイント:5

「色の使い方がダサい」

  • 原色
  • 蛍光色
  • 虹色などの多色

これらの色は使うのを避けましょう。

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

原色はダサい…

  • 黒(#000000)
  • 白(#FFFFFF)
  • 赤(#FF0000)
  • 黄色(#FFFF00)
  • 青(#0000FF)

これらのような原色はダサくなるだけなので、使うのを避けましょう

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

虹色や背景同色・ミスマッチな色も、ダサくなるだけなので避けましょう。

ポイント

自分で色を選ぶことをやめましょう

誰でも簡単に配色パターンが分かる、色合わせツールを使いましょう!

Adobe Color

文字の配置バランス

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

ダサいデザイン改善ポイント:6

「配置が揃ってないとダサい」

文字は…

  • 左揃い
  • 中央揃い
  • 右揃い

上記のいずれかです。

上記の画像、左は「どこを見ればいいのか分からない」ため、情報が伝わりません。

右は、「不揃い」すぎて意味が伝わってきません。

文字は上下左右を揃えてあげるだけで、見栄えはぐんと上がります。

ポイント

文字はきれいに揃えましょう

中央揃いにすると、読みにくくなる場合があるので注意

写真をうまく使う

アイキャッチデザインがダサくなる7つの理由と改善のコツ

ダサいデザイン改善ポイント:7

「写真を潰してしまうとダサい」

タイトルやキャッチコピーを配置するための「下敷き」を使いますが、せっかくの写真を潰してしまうとダサくなります。

写真の上に文字やイラストばかりを配置すると、「もはや写真が意味をなしていない…」ということになります。

写真をうまく使いながら文字などの要素を配置していきましょう。

ポイント

少ない要素で、多くの情報が伝わるように工夫しましょう

つけ足していくのではなく、不要物を極限まで減らす

キャッチコピー作り編

まとめ

この記事では、アイキャッチデザインがダサくなる理由と改善するコツをまとめてみました。

頑張って作ったアイキャッチデザインがダサくなる7つの理由

ダサくなる7つの理由

  • 余白がない
  • 情報が多すぎ
  • 装飾しすぎ
  • フォントの種類多すぎ
  • 使う色が悪い
  • 文字の配置バランスが悪い
  • 写真が意味をなしてない

原因を理解して、ダサくなる要因を取り除いてあげるだけで、ダサいデザインにならなくて済みます。

ブログのアイキャッチ以外にも、Twitterの投稿やヘッダー・記事内の画像にも応用できるスキル。

覚えておいて損することはありません。

文章と一緒ですが、一朝一夕に上達するものではありませんので、失敗を恐れずにどんどん作って発信していきたいものであります。

【自著kindle本】分かりやすい文章に変えるコツ

よく読まれている記事

コピーライティング7つのコツ 1

コピーライティング覚えられないんですけど… そんな人のために、この記事では… ライティングスキルがなくても 人の心に訴える 文章を作る(書く)7つのコツ について、紹介していきます。 とくに、Twit ...

ブログで毎月10,000円の収益を生み出す9ステップ 2

この記事では、ブログで収益化を生み出すためにやるべきことを9つのステップに分けて解説していきます。 ブログを書いているのに全然稼げない… 1円の売り上げもつかない… ASPサービスの紹介ばかりで書きた ...

【kindle10冠&ベストセラー】反響を得るためにやったすべてのコト 3

たくさんの人の支えをいただき、自身が出版した【分かりやすい文章に変える40のコツ】、kindleストアで10冠&ベストセラーを達成しました。 この記事では、kindleストアでランキング上位を獲るため ...

【月々200円】通常1,500円の有料版Canva Proを5人でシェアしてお得に使う方法 4

この記事では、【有料版のCanva Proを5人でシェアしてお得に使う方法】を解説していきます。 無料版のCanvaでは物足りない… 有料版を使いたいけど1,500円は高い… お得に使える方法はないで ...

【Googleが掲げる10の事実】理解し実践することが一番有効なSEO対策 5

SEO対策は、なにをどうしたらいいですか?そもそもSEOってなんですか…? 多くのブロガーが悩まされる根源 それが… SEO この記事では、SEO対策の基本中の基本となる【 Googleが掲げる10の ...

-ブログ
-,