ブログの書き方の”コツ”【誰も教えてくれないけど大切なコト】

https://toreblog0928.com

ブログ

ブログの書き方の”コツ”【誰も教えてくれないけど大切なコト】

この記事では、「ブログの記事の書き方の”コツ”」を分かりやすく解説していきます。

ブログを始めたばかりの方や、これから始めようか悩んでいる人にとって

「記事はどうやって書いたらいいの…」

という悩みや抱えた人も多いのではないでしょうか?

  • 記事の書き方が分からない
  • 気を付けるポイントを知りたい
  • 読まれる記事のコツを知りたい

このような方に向けて…

このページでは

  • 完全初心者の方でも大丈夫
  • できる限りシンプルに
  • ブログに多い専門用語は使わず
  • 画像や図解を使いながら
  • 分かりやすく解説していきます

ブログの始め方やサイトを立ち上げる方法に関する情報は多いです。

しかし

記事(文章)の【書き方】に着目して解説している記事は少ないです。

  • せっかく頑張って書いたのに
  • 全然読まれない
  • どうしたら読んでくれるの
  • オシャレなデザインにしたのに

このような悩みに陥る方も多いはずです。

読まれない → SEO対策 → 装飾したり・キーワード盛り込んだり

キーワード選定やデザインも大切な要素です。

しかし

もっと大事な部分は「中身(記事本体)」です。

すなわち「文章」です。

そんな文章に着目して、ブログを書くうえで気をつけたいポイントをまとめました。

この記事の内容

  • ブログの書き方のコツ
  • 記事を書く上で最も大事なこと
  • 対象者を明確にする
  • 解決できることを明確にする
  • 結論から先に書く
  • 箇条書きで下書きをする
  • 小学生でもわかる言葉と文章で書く
  • 記事内の語尾を統一する
  • 時間を空けて読み返す

少し長めの記事となってしまいました。

記事を書く上で気を付けるポイントやコツをまとめましたので、少しでもお役に立てればなによりです。

ブログは「ユーザーファースト」で書く

ブログを書く上で最も大切なコト

ブログ記事の書き方の”コツ”1つ目は

ユーザーファーストで書くことです。

常に読者目線、読んでいただける人のことを想いながら書くことです。

  • 自分が言いたいことだけ
  • 書きたいことだけ
  • 専門的な言葉ばかり
  • 読みにくい漢字や文章

上記のような文章は、書いた本人だけが満足をする文章です。

自己満足文章は、読み手にとっても読みにくくストレスを感じさせてしまいます。

結果的に

読まれない文章となってしまいます。

読みにくい文章の記事は、記事単体で判断されるだけでなく

ブログ全体に悪影響

  • 文章自体が読みにくい
  • 文章自体が分かりにくい

そこから…

  • 記事そのものが読みにくい
  • 記事そのものがつまらない

そして…

  • ブログそのものがつまらない
  • 役に立たないブログ

自己満足な文章が多い記事は、ブログサイト全体に悪い評価を持たれてしまいます。

記事を書く際は、

ユーザーファースト(読者目線)で書くよう心がけましょう。

対象者(誰に向かって書いた記事)を明確にする

誰に向って書くのかを明確にする

ブログ記事の書き方の”コツ”2つ目は

対象者を明確にすることです。

最低限守りたい2つ

  • ユーザーファースト
  • 誰に向かって書いたかが明確

上記2つをしっかりと意識するだけで、ブログはとっても読みやすくなります。

この記事は、いつもTwitterで仲良くしていただいている仲間のみんなに向けて書きました。

『ブログ(note)の書き方が分からない・・・』と相談をいただいたのがきっかけです。

相談をしていただいた方ひとりひとりに対面で説明をしているつもりで書いています。

  • どこまで説明すべきか
  • どうやって説明すべきか
  • ブログはスマホで書くのか
  • それともパソコンで書くのか

などなど、相手のことを想いながら書いています。

注意点

  • たくさんの共感を求めない
  • 相手の理解度を考えながら書く
  • たった一人に向かって書く

あなたがこれから書く記事の対象者は【一人】です。

多くの共感は必要ありません。

あなたが思い描いた人に共感してもらえるように書きましょう。

解決できることを明確にする

ブログを読んで解決できることを明確にする

ブログ記事の書き方の”コツ”3つ目は

解決できることを明確にすることです。

少し分かりにくいかもしれません。

つまり

あなたの記事を読んで、どうなって(どうして)欲しいのか?

ということを明確にしておきます。

  • Twitter仲間に向って書きます
  • ブログを始めようか悩んでる
  • 記事の書き方が分からない

思い描いた人が記事を読むことで、

なんだかブログ書けそうな気がしてきた!

ブログの書き方が少しだけ分かった!

ブログを書いてみたい!

このような気持ちになってもらえるように書いています。

人物像を思い描けないときは

  • 対象者を自分にしよう
  • 過去の自分を思い出そう
  • できなかったことや調べて分かったこと
  • ひとつひとつを思い出しながら
  • 過去の自分に教えるように書こう

文章は"結論"から先に書く

文章を書くときは結論から先に書く

ブログ記事の書き方の”コツ”4つ目は

結論から書くことです。

結論を先に理解できると

  • 読む人は最初から
  • これから読む内容が分かる
  • 文章を読んでいても内容を捉えておける
  • ストレスなく読み進められる

内容を理解しやすい文章=読みやすい文章

逆に、

ダラダラと長い説明文は…

  • なにが言いたいのか分からない
  • 読むことにストレスを感じる
  • 内容を理解できない

内容が分かりにくい文章=読みにくい文章

書き初めに多いミス

  • たくさん説明しよう
  • いっぱい書かないと
  • 文字数が足りない

などの理由で、だらだらと書いてしまいがちです。

分かってもらおうと思っていっぱい書いたのに…

せっかく頑張って書いても、相手に伝わらない・読みにくくなってしまっては本末転倒です。

結論から先に書いて、余計な文章は削り、シンプルに分かりやすく書きましょう!

本文を書き始める前に箇条書きで下書きする

本文を書き始める前に箇条書きで下書きする

ブログ記事の書き方の”コツ”5つ目は

いきなり書き始めないで、箇条書きで下書きをします。

まず、これから書くことの整理をしてから記事を書くとスムーズに書くことができます。

あくまでも参考例ですが…

わたしの記事を書く順番

  • マインドマップまたは手書きで整理
    ・マインドマップはEdraw mindがおすすめ
    ・手書きでもOKです
    ・書きたいことを整理しながら箇条書き
  • タイトルと見出しを設定する
    ・タイトルは後で変更するので仮決め
  • 見出しの下に使う画像を作成する
    ・見出し画像はCanvaで作成
    ・サイズは基本統一で1280×670
  • 作成した画像を見出しのすぐ下に貼り付ける
    ・見出し(h2)の下にすぐ貼り付ける
    ・Googleで検索されたときに良いとされている位置
    ・各画像の設定で「画像の説明」を書く
  • 画像の下【本文位置】に結論と内容を箇条書きする
    ・結論
    ・理由
    ・具体的な例
    ・結論とまとめ
    ・キーワードを箇条書きで並べる
  • タイトルからまとめまでを一度見直す
    ・順番に違和感はないか?
    ・記事の内容は多すぎないか?少なすぎないか?
    ・違和感があれば順番を入れ替える
    ・内容が多すぎたら分ける
    ・少なすぎたら追加する
  • 本文を書く
    ・箇条書きしたキーワードを
    ・文章化していく
    ・文章化が難しい、細かくなりすぎるときは箇条書きのまま

流れだけを見てしまうと

え…めっちゃ大変じゃん…

と思ってしまうかもしれません。

しかし

いきなり書き始めたり、全部書き終わってから見直しをしていた頃より、作業効率が良くなりました。

記事の書く順番で悩んでいる方は、試してみてくださいね!

小学生でも分かる文章と言葉で書く

小学生でも分かる文章と言葉で書く

ブログ記事の書き方の”コツ”6つ目は

小学生でも分かるような文章で書くことです。

不要です

  • 専門用語
  • 小難しい文章
  • 難しい漢字
  • 横文字
  • 略語 など

上記のような言葉や、使用した文章は避けましょう。

振り返りにはなりますが…

  • ユーザーファーストを心掛けて書く
    ・そもそも読めない言葉や文章
    ・言葉を見ても理解できない
    →ユーザーファーストではありません
  • 対象者に向かって書く
    ・思い描いた人が分かるような言葉で
    ・読んで理解できるるように書く
  • 解決できることを明確にする
    ・分かりにくい言葉
    ・内容が伝わらない文章
    →読み手はなにも解決しません

あなたしか分からないような言葉や文章は、読者目線ではありません。

そして

読む人の理解度と自分の理解度は違います。

読む人のことを想って、読む人が分かりやすいように書きましょう。

小学生でも分かるような言葉と文章で書きましょう

記事内の語尾を統一する

記事内の語尾はすべて統一させる

ブログ記事の書き方の”コツ”7つ目は

記事内の語尾を統一することです。

語尾は2種類

  • 「です」、「ます」
    →です・ます調
  • 「だ」、「である」
    →だ・である調

「~です」と書いていたのに、途中から「~だ」「~である」に変わってしまうと、読む人に違和感を与えてしまいます。

小さな違和感は、ストレスとなり

結果的に

読みにくい文章になってしまいます。

悩んだときは「です・ます」調を使います

時間を空けて読み返す

ブログ記事の書き方の”コツ”最後の8つ目は

時間を空けて読み返すことです。

すべての記事を書き終えたら

必ず読み返しをしましょう。

読み返しのポイント

  • 声に出して読み返す
  • 時間を空けて読み返す
  • 第三者に読んでもらう
    (仲のいい人に読んでもらうのも効果的)
  • スマホとパソコンの両方で読み返す

あなたはパソコンをメインに使う

でも…

読む人の大半は【スマホ】です。

スマホとパソコンの両方で読み返しをすることは大事なので、面倒くさがらず読み返しましょう!

まとめ

この記事では、「ブログの書き方の”コツ”」について解説してきました。

この記事の内容

  • 記事を書く上で最も大事なこと
  • 対象者を明確にする
  • 解決できることを明確にする
  • 結論から先に書く
  • 箇条書きで下書きをする
  • 小学生でもわかる言葉と文章で書く
  • 記事内の語尾を統一する
  • 時間を空けて読み返す

どんなに

  • きれいなテーマ
  • オシャレなデザイン
  • かわいい装飾

をしたとしても、自己満足になっていませんか?

今回はブログの書き方のコツというテーマで書いてきましたが、読みやすい文章は基礎になります。

ノウハウやテクニック先行にならないよう、基礎を大事にしていきましょう!

よく読まれている記事

コピーライティング7つのコツ 1

コピーライティング覚えられないんですけど… そんな人のために、この記事では… ライティングスキルがなくても 人の心に訴える 文章を作る(書く)7つのコツ について、紹介していきます。 とくに、Twit ...

ブログで毎月10,000円の収益を生み出す9ステップ 2

この記事では、ブログで収益化を生み出すためにやるべきことを9つのステップに分けて解説していきます。 ブログを書いているのに全然稼げない… 1円の売り上げもつかない… ASPサービスの紹介ばかりで書きた ...

【kindle10冠&ベストセラー】反響を得るためにやったすべてのコト 3

たくさんの人の支えをいただき、自身が出版した【分かりやすい文章に変える40のコツ】、kindleストアで10冠&ベストセラーを達成しました。 この記事では、kindleストアでランキング上位を獲るため ...

【月々200円】通常1,500円の有料版Canva Proを5人でシェアしてお得に使う方法 4

この記事では、【有料版のCanva Proを5人でシェアしてお得に使う方法】を解説していきます。 無料版のCanvaでは物足りない… 有料版を使いたいけど1,500円は高い… お得に使える方法はないで ...

【Googleが掲げる10の事実】理解し実践することが一番有効なSEO対策 5

SEO対策は、なにをどうしたらいいですか?そもそもSEOってなんですか…? 多くのブロガーが悩まされる根源 それが… SEO この記事では、SEO対策の基本中の基本となる【 Googleが掲げる10の ...

-ブログ
-