【2022年】5分でわかるKindle『おすすめはKindle Paperwhiteの広告なし』

https://toreblog0928.com

ガジェット

【2022年】5分でわかるKindle『おすすめはKindle Paperwhiteの広告なし』

電子ブックリーダーと言えば 「Kindle」

『安い』・『見やすい』・『邪魔にならない』と、本を買って読むより便利な電子ブックリーダー「kindle」。

初めての電子ブックリーダーにKindleを検討している人も多いのではないでしょうか?

kindleには【kindle】・【Kindle Paperwhite】・【Kindle Paperwhite シグニチャー エディション】・【Kindle Oasis】と4つのモデルがラインナップされており、その中でも広告の有無やストレージ容量の違いなど、どのモデルを買えばいいのか悩む人も多いでしょう。

今回は4つのモデルのKindleの特徴と、おすすめモデルを紹介します。

これからkindleを買おうか悩んでる人の参考になればなによりです。

5分と言わず、もう結論!

『Kindle Paperwhite (8GB)の広告なしモデル』一択!!

Kindle Paperwhite 8GBをチェック!

全4モデルのkindle。それぞれの特徴

まず、4つのKindleのモデルについて。

Kindleシリーズは大きく分けて3種類のラインナップが用意されています。

Paperwhiteには 「シグニチャー エディション」 という上位モデルが用意されているため、合計4モデルが存在することになる。
(Kindle Paperwhiteキッズモデルも入れると5モデルですが、今回の記事では割愛)

kindleシリーズスペック一覧

4つのモデルのkindle、それぞれのスペックは下記の通り。

KindleKindle Paperwhite Kindle Paperwhite シグニチャー エディションKindle Oasis
画面サイズ6インチ6.8インチ6.8インチ7インチ
解像度167ppi300ppi300ppi300ppi
ストレージ容量8GB8GB32GB8GB/32GB
大きさ高さ:160㎜
横幅:113㎜
厚さ:8.7㎜
高さ:174㎜
横幅:125㎜
厚さ:8.1㎜
高さ:160㎜
横幅:113㎜
厚さ:8.7㎜
高さ:159㎜
横幅:141㎜
厚さ:3.4㎜
重量174g205g207g188g
フロントライトLED 4個LED 17個LED 17個LED 25個
防水×IPX8等級IPX8等級IPX8等級
色調調節ライト×
明るさ自動調節機能××
ページ送りボタン×××
人間工学的デザイン×××
自動画面回転機能×××
充電端子MicroUSBUSB-CUSB-CUSB-C
ワイヤレス充電×××
ネットワーク接続Wi-FiWi-FiWi-FiWi-Fi
Wi-Fi+無料4G
価格(税込)8,980円(広告つき)
10,980円(広告なし)
14,980円(広告つき)
16,980円(広告なし)
19,980円(広告なし)
22,460円(ワイヤレス充電スタンド付き)
29,980円(8GB/広告つき)
31,980円(8GB/広告なし)
32,980円(32GB/広告つき)
34,980円(32GB/広告なし)
40,980円(32GB/ Wi-Fi+無料4G /広告なし)

①8,980円から変えるエントリーモデルの「kindle」
②ミドルグレードの「Kindle Paperwhite」
③上位機種の「Kindle Paperwhite シグニチャー エディション」
④最上位機種の「Kindle Oasis」

漫画をたくさん読むなら 「Paperwhite シグニチャー エディション」 か 「Kindle Oasis」

KindleはAmazonのkindleストアから電子書籍をダウンロードして本や漫画を読みます。

kindle端末のストレージ容量が大きければ大きいほど、多くの電子書籍を端末内に保存しておくことが可能となります。

KindleKindle PaperwhiteKindle Paperwhite シグニチャー エディションKindle Oasis
8GB8GB32GB8GB/32GB
ストレージ容量の違い

漫画1冊当たりの容量は50MB程度で書籍なら500KBから1MBです。

書籍は文字データがメインとなるためファイル容量はそこまで大きくなりませんが、漫画の場合は『イラスト』がメインでファイル容量が大きくなってしまいます。

ストレージ容量8GBなら約160冊、32GBなら約640冊の漫画を保存することができます。

160冊というとかなりの冊数と感じるかもしれませんが、1日に5冊以上の漫画本を読むという方はKindle Paperwhite シグニチャー エディションかKindle Oasisの32GBモデルを検討した方がいいかと思います。

画面の見やすさは無印kindle以外に軍配

文字や漫画を見る上で一番大事なのは【画面の見やすさ】です。

KindleシリーズはすべてE-inkという紙のような質感で描画できるスクリーンが搭載されているため、まるで本物の本を読んでいるかのような読書体験ができるのもkindleが人気の理由。

KindleKindle PaperwhiteKindle Paperwhite シグニチャー エディションKindle Oasis
6インチ6.8インチ6.8インチ7インチ
画面サイズの違い

画面サイズはグレードが上がるにつれて大きくなります。

1インチの違いですが、画面サイズが大きいほうが広々画面で本や漫画を楽しめます。

しかし、画面の見やすさに関して注目したいのは【画像解像度】

無印Kindleが167ppiなのに対して、Kindle Paperwhite以上のモデルは倍近い300ppi。

実際、無印Kindleとkindle Paperwhiteを見比べてみるとその差は一目瞭然。

無印Kindleと比べてPaperwhite以上の端末はとても滑らかでキレイに表示されます。

解像度が低いと細かい文字やイラストが見にくくなる可能性もあるため、数千円ケチって無印Kindleを買うくらいならPaperwhiteを買った方が後悔しないです。

2,000円ケチらず『広告なし』モデル

各モデルには2,000円安い【広告つき】と、2,000円高い【広告なし】があります。

広告つきのデメリット
1.ホーム画面へのアクセスが1タップ増える
2.常に画面下に広告表示(うざい!)

2,000円ケチって広告つきを選ぶと、広告表示が目につきストレスになります。

kindleは2,000円高くても【広告なし】モデルを選びましょう!
(※わたしはケチって後悔してます)

お風呂などで使うならPeperwhite以上

あなたがお風呂場やキッチンでkindleを使うのであれば、kindle Peperwhite以上の端末を選びましょう。

kindleシリーズで防水性能がついているのは、Kindle PaperwhiteとKindle Oasisの2機種。

この2機種は、2メートルの水深に1時間沈めても動作するほど高い防水性能になっているため、日常生活で水没故障させてしまうようなことはほぼないと思われます。

無印Kindle以外はUSBタイプC

Kindleはスマホやタブレット同様に内蔵バッテリーで画面を表示するため、定期的にバッテリーを充電する必要があります。

無印kindle以外はUSBタイプCが採用されているので、android端末を使っている人にとっては充電ケーブルを増やす必要がありません。

充電ケーブルの種類が増えてしまうのは、結構ストレスに感じるので、小さいことではありますが嬉しいバージョンアップです。

おすすめは『Kindle Paperwhite の広告なし』モデル

・画面が大きく見やすい
・防水機能付きで水没による故障の心配がない
・充電ケーブルがUSBタイプC

Amazonは、定期的にセールが開催されていて、kindleシリーズは割引対象商品になることが多いです。

『今すぐ』買わないと困るようなガジェットではないので、割引対象になったときに購入するのがおすすめです!

まとめ

今回は電子ブックリーダー【kindle】についてまとめてみました。

電子ブックリーダーの購入を検討している人の参考になればなによりです。

  • とにかく安い電子ブックリーダーが欲しい→無印kindle 広告つき
  • 【おすすめ】後悔しない電子ブックリーダーが欲しい→Kindle Paperwhiteの広告なしモデル
  • 大量の漫画を読む→Kindle Paperwhite シグニチャー エディション 32GBの広告なし

-ガジェット
-